Training 研修

ITIL4スペシャリスト 作成、提供およびサポート(CDS)

Take2オプション付キャンペーン実施中!試験1回コースに無料再試験1回分が付属します。
キャンペーン期間:2023年11月~2024年9月 ※期間内に開催する研修コースが対象となります。


ITIL®4 スペシャリスト 作成、提供およびサポート(CDS)研修/試験とは

ITIL®4 スペシャリスト 作成、提供およびサポート(CDS)研修/試験は、製品やサービスの設計から構築、テスト、リリース、運用、サポートに至るまで、「IT」と呼ばれる仕事の分野で実績のある数多くの要素をカバーしています。幅広いプロフェッショナルなポートフォリオを構築・維持するために必要なコラボレーション、強固でポジティブなカルチャ(文化)、統合されたチーム、従業員の満足度など、様々な分野の情報やガイダンスを提供します。

CDSコースは、マネージングプロフェッショナルモジュールとプラクティスマネージャモジュールの両方に含まれています。
受講条件となるファンデーション認定、およびDSV・HVIT・DPI認定と合わせることでマネージングプロフェッショナル認定を得ることができます。
また、ファンデーション認定、およびMSF・PIC・CAIのいずれかの認定と合わせることでプラクティスマネージャ認定を得ることができます。

研修内容

本コースは、AXELOSのITIL®4 CDSの試験シラバスに基づいた3日間のコースです。
コースに含まれるITIL®4の概念や用語、演習、例題などを用いて、認定試験に合格するための関連知識を習得します。

研修では、ITIL®4 CDS公式書籍をもとに作成されたテキストと、当コースの学習対象である12のプラクティスについて学習します。
ケーススタディに基づいたグループワークにて、受講者参加型の学習を通じて、実践的な理解を促していきます。

認定資格保持者が対象プラクティスの内容を活用して、バリューストリームを検討、実践、改善していけるスキルの習得が達成目標です。

研修内容には以下のプラクティスが含まれます。

  • 変更実現
  • リリース管理
  • 展開管理
  • サービスの妥当性確認およびテスト
  • サービスデザイン
  • ソフトウェア開発および管理
  • サービスデスク
  • モニタリングおよびイベント管理
  • インシデント管理
  • 問題管理
  • サービスレベル管理
  • ナレッジ管理

受講期間 3日間の研修+試験
受講形式 座学研修
試験形式 オンライン試験(試験バウチャー)
開催場所 市ヶ谷近郊またはオンライン
受講条件 受講する前提条件として、以下の認定資格が必要です。
・ITIL®4ファンデーション認定
 または
・ITIL®4Managing Professional移行認定
※本認定資格を取得するには、3日間の研修受講が必須条件となります。

対象者

  • ITIL®4 作成、提供およびサポート(CDS)についての理解を深めたい方
  • バリューストリームの導入など、CDSに関わる活動の実践方法を学びたい方
  • サービスマネジメントとその改善活動に携わるITプロフェッショナルの方
  • ITIL®4を導入して、効率的で生産性の高いサービスマネジメントを構築したい方
  • IT運用部門・開発部門・情報システム部門の担当者の方

※3年以上のIT関連業務経験がある方の受講を推奨しています。

研修カリキュラム

研修カリキュラムは、以下のプログラムで行います。

項目 主な学習項目
コースの紹介
1: 組織とカルチャ サービスバリュー・システム全体で、組織とカルチャに関連する概念と課題を理解する
サービスバリュー・システムでリソースを計画および管理する方法を知る
2: 効果的なチーム サービスバリュー・システム全体で、チームの概念と課題を理解する
サービスバリュー・システムのリソースの計画および管理方法を知る
3: サービスを作成、提供、サポートするための情報技術 サービスバリュー・システム全体での情報と技術の使用と価値を理解する
4: バリューストリーム バリューストリームの構造と設計する方法を理解する
バリューストリーム・マッピングの概念を理解する
5: サービスを作成、提供、サポートするためのバリューストリーム バリューストリームを使用して新しいサービスを設計、開発、移行する方法を理解する
ITILプラクティスが新しいサービスのバリューストリームにどのように貢献するかを理解する
6: ユーザサポートのバリューストリーム バリューストリームを使用してユーザサポートを提供する方法を知る
7: 作業の優先順位付けと管理 サービスの提供とサポートを作成するために、作業とアクティビティを調整、優先度付け、構造化する次のような方法を理解する
「シフトレフト」アプローチの使用方法を理解する
8: 商業および調達に関する考慮事項 サービスバリュー・システム全体での、購入とビルドの考慮事項、ソーシングオプション、サービスの統合および管理を理解する
試験準備ガイド

※試験は別日程でのWeb経由オンライン試験

価格

2024年3月までの価格

コース種別 価格 備考
通常 247,500円(税抜)
272,250円(税込)
  • コース教材
  • 認定試験バウチャー付き
試験1回
※Take2オプション付キャンペーン中
228,000円(税抜)
250,800円(税込)


2024年4月以降の価格

コース種別 価格 備考
通常 265,000円(税抜)
291,500円(税込)
  • コース教材
  • 認定試験バウチャー付き
試験1回
※Take2オプション付キャンペーン中
245,000円(税抜)
269,500円(税込)

「通常」のコースは、研修最終日から起算して最長1年間は再試験が無料となります。
 初回の試験で合格できなかった場合、試験2回目(再試験1回目)はTake2オプションによる再試験となります。
 合否確定後にPeopleCertから配信されるご案内メールよりご予約ください。(初回の試験日より6か月以内)
 試験3回目(再試験2回目)以降については、前回の受験日から30日以上あけて、再試験ページよりお申込みください。
 試験をお申し込み後にキャンセルされた場合、以降は再試験無料の対象外となり、有償となります。
 
「試験1回」のコースは、研修に試験1回が付いたものです。
 ただいまTake2オプション付キャンペーン中につき、Take2オプションによる無料再試験が1回分追加で付属します。
 合否確定後にPeopleCertから配信されるご案内メールよりご予約ください。(初回の試験日より6か月以内)
 試験3回目(再試験2回目)以降については有償となります。再試験ページよりお申込みください。

試験について

試験の受講方法、受講にあたっての注意事項などは、下記のページから確認をお願いします。

ITIL® 研修/試験

【資格認定制度に関する重要なお知らせ】
ITIL4認定資格の有効期限につきまして、2023年6月にPeopleCertより新たに発表があり、
合格から3年間の有効期限を過ぎても、上位資格の受験資格は失われないこととなりました。
詳しくはPeopleCertのWEBサイトをご参照ください。
 認定の更新について | PeopleCert
 https://peoplecert.jp/cert-renewal.html

一社研修

一社研修は、ご参加者数に応じて、個別にお見積りを承っております。下記のページから確認をお願いします。

一社研修のお客様

ITIL® is a trade mark of AXELOS Limited, used under permission of AXELOS Limited. All rights reserved.