Training 研修

SIAM®研修/試験

SIAM®研修/試験とは

SIAM®とは「Service Integration and Management」の略称で、複数のサービスプロバイダが提供するさまざまなサービスを統合してマネジメントする方法論を指す用語です。
近年、企業にもクラウドサービスを代表する新しいサービスが次々に登場しており、企業や業務によってサービスを使い分ける「マルチソーシング」が主流です。
複数のサービスを使い分けるには管理が必要で、マルチソーシングの実務的な管理手段としてSIAM®が利用されています。
弊社では、SIAM®の基礎知識から実務研修にて、最終的には認定試験に合格できる知識とスキルを習得できる研修を提供しております。

SIAM®の重要性

SIAM®の必要性は年々高まっています。常駐型サービスによる顧客接点を活かし、複数のベンダー管理における課題解決、そして高いサービス価値をお客様に提供するために重要なものです。
また、サービスを統合的に管理する「サービスインテグレータ」としてのビジネスチャンスが広がり、「サービス提供型ビジネス」へシフトする際にも重要な役割を果たします。

サービスインテグレーションの必要

サービスインテグレーションの考え方は、サービスを企画・開発する段階と、サービスを提供・管理する段階の双方で必要です。
ビジネス進化に必要な「もの」「仕組み」「人的資源」を調達して「サービス」として組み上げるサービス価値提供が急務であること、そしてお客様のビジネススピードに即応して「サービス」という現実形態で提供するサービスインテグレーションが重要なのです。

SIAM®研修/試験コースの特徴

DXコンサルティングのSIAM®研修/試験には、以下のような知識と理解を習得できる特徴があります

1. SIAM®の用語と核となる原則
2. SIAM®の便益(ベネフィット)
3. SIAM®実装の道筋
4. SIAM®の構造
5. SIAM®におけるガバナンスやツールに関する考慮
6. SIAM®における共通のプロセス
7. 実装における課題やリスク

研修内容

研修では、SIAM®研修/試験について、3日間のコースで学習します。研修内容は、概要をはじめ、実践でどのように活かせばよいのかなど、実務をイメージできる演習を交えた研修です。

【概要】

受験期間 3日間の研修
受講形式 座学研修(最終日に認定試験実施)
開催場所 市ヶ谷近郊またはオンライン

【対象者】

受講対象者 SIAM®の実践に興味のある方
SIAM®の手法を組織に導入したい方
最高戦略責任者 CSO (Chief Strategic Officer)の方
最高情報責任者 CIO (Chief Information Officer) の方
最高技術責任者 CTO (Chief Technical Officer) の方
サービスマネージャの方
サービスプロバイダ・ポートフォリオマネージャの方
以下のようなITサービスに携わるマネージャポジションに就いている方
  • プロセスマネージャ
  • プロジェクトマネージャ
  • 変更マネージャ
  • サービスレベルマネージャ
  • 事業関係管理マネージャ
  • サプライヤマネージャ
  • サービスアーキテクト など

オンライン研修の試験について

SIAMオンライン研修の試験は、以下の試験形式の中からお選びください。

 A) 会場試験(弊社会場にて実施)
 B) オンライン試験(自宅やオフィス等から受験可能)

各試験形式の特徴や注意点は以下の通りです。

A)会場試験
弊社にて設定した試験スケジュールの中から、ご都合の良い日程を選択いただきます。試験当日は、弊社会場にお越しいただき、マークシート形式の試験を実施いたします。
※試験を受験するには、EXIN社へのID登録が必要です。

B)オンライン試験
EXIN社が運営する試験です。弊社よりお送りする試験バウチャーにて、EXIN社Webサイトより別途お申込みいただきます。
※ 試験を受験するには、EXIN社へのID登録が必要です。
※ 受験時には、免許証や有効期限内のパスポートなど身分証の提示が必要となります。
※ 試験を受験するには、インターネット接続が可能なPC、カメラ、マイクなどの環境が必要です。

SIAM® is a registered trademark of EXIN.