Training 研修

運用基礎研修

運用基礎研修とは

「運用基礎研修」では、ITサービスの安定稼働に求められる知識や技術を、ケーススタディを交えて学習するものです。
これからシステム運用に携わる方や運用経験が浅い方が、運用業務に必要なスキルを短期間で学習し、現場での活躍を促進します。

安定稼働に必要なスキル

運用担当者に一般的に求められるスキルや、活かせる経験を積むために必要な業務への取り組み方を紹介します。
受講される方々が現場で早く活躍することを促進し、自らのキャリアプランを考える機会を提供します。

安定稼働を支える技術

業務システムで使われている高可用性を実現するための技術の概要を説明します。
システムやネットワークの冗長化、システム監視ツールの仕組みなどの理解を深め、トラブル対応力を高めることを支援します。

ヒューマンエラーに関する知識

ヒューマンエラーがどのようなときに発生しやすいのか、どのようにすると防げるのか、という観点から、ヒューマンエラーに関する心理学の知見やさまざまな取り組みを紹介します。
理解を深めることで業務における気付きを促します。

研修内容

「研修では運用基礎について、1日間のコースで学習します。研修は、ITサービスを安定運用するための知識を、分かりやすいテキストとケーススタディを用いたグループワークで行います。ITサービス運用担当者に必要なスキルはもちろん、安定稼働を支える技術や、現場で起こりがちなヒューマンエラーに関する事例や知識を習得するものです。
【受講期間】1日間の研修
【受講形式】座学研修(最終日に認定試験実施)
【開催場所】市ヶ谷近郊

運用基礎研修は、以下のような方が対象です。
  ◆ システム運用経験が浅い方
  ◆ これからシステム運用に携わる方

研修カリキュラム

研修カリキュラムは、以下プログラムで行います。

  1. ITサービスの重要性
  2. ITサービスの運用段階と
  3. 安定運用のために取り組むべきこと
  4. システム安定稼働を支える技術
  5. ヒューマンの知識
  6. 作業の標準化について

価格

公開講座は、開催しておりません。

一社研修

一社研修は、ご参加者数に応じて、個別にお見積りを承っております。下記のページから確認をお願いします。

一社研修のお客様